読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mememechan’s daydream

おもに夢日記。たまにSS。

夢日記2017.3.14

夢日記

豪華三本立て

 

1

昭和っぽい時代の古本屋にいた。
本が日焼けして茶色く変色している。
某本好きのweb小説のフェル様が学ラン着た学生で、私はフェル様に情報提供する文官になりたくて、こっそり付きまとっては学校の靴箱、古本屋の本の隙間に情報を書いたお手紙を入れた。

フェル様は父親とお話ししてた。学生らしい表情だった。

 

2

何者かに追いかけられていたので車で逃げた。

何者かは撒いたが、代わりに違う集団が追いかけてきた。白い顔に凄まじい笑顔を張り付けて、車に追い付くほどの速さで後をついてきた。

その集団も撒いて、海辺の遊園地に着いた。

観覧車のふもとにある車型の売店で、アトラクションに乗れるチケットとして、黄色のプラスチックの番号札を男性店員にもらった。

番号札には「よん」または「し」と読める色んな漢字で「44444444444」と並んでいた。

私は、この番号札はジェットコースターの札であり、ここに書いてある回数分乗れること。そして先程の白い顔の集団は、この札のせいで速度中毒者となり、人外的な速さを手に入れたのだ、と気付いた。

その瞬間に札を真っ二つに割った。そのまま男性店員に「すいませんこれ割れちゃって……」と言いながら返そうとした。

男性店員はギョッとして、「それを壊したら神様がお怒りになる!」と、私が持っている両手にひとかけらずつ持っている札に、黄色い木工用ボンドを大量にぶっかけた。

「うおおぉ」と戸惑っていると、上空から神であるドラゴンが後光と共に降臨した。ま■が■本昔ば■し的なドラゴンだった。

ゴゴゴゴゴ、と地響きのような音がする中、ドラゴンは明らかに怒ってる低い声で「私の札を壊したのは誰だ……?」と言った。

私は慌てて「あの、これはちがうんです、その、両手にボンドが……」と言い訳をした。

その最中で起きた。あのまま続けてたらたぶん死んでた。


3

野村■斎が廃れた雑居ビルのVRゲームでいろんな有名人から追いかけられる。

最後に螺旋階段の真ん中の吹き抜けに落ちてゲームオーバー。

夢日記2017.3.2

夢日記

某ゲームのア■ーラ地方で、ポ■モンが受けるカリキュラムを塾でやらされる夢。

田舎の塾で、フィールドワークとして原っぱに出る。

そこで茶色の熊に追いかけられるけど、熊の子供は遊びたいだけらしい。
また別の場所では白熊の親子に追いかけられる。
雪道で白熊の子供に無邪気に追いかけられる。ただの追いかけっこだと思っているが、捕まったら恐らくこちらは死ぬ。
誘導して木に激突させた。泣いたのでその隙に逃げた。


走って町まで逃げた先で、喋る小型の飼い犬に助けられた。

もう夜に近い夕方だった。細い道路に四角くて白い車が停めてあって、小型の飼い犬は車のドアを開けて「疲れたろ、早く帰んな」と促した。

車に乗るが、運転席には白熊の親が腕を組んで座っていた。

「うちの子供と何故遊ばないんだ!?」とキレて襲ってくる。

小型の飼い犬と一緒に走って逃げる。
塾の玄関で、近所のおばちゃんたちや、塾に通っている子供を迎えに来た母親などがたむろしていた。助けを求めたが、「まあ、怒らせたの」「でも……しかたないわよね」と遠目から見ているだけ。
夜道を走って逃げた。

夢日記2017.2.25

恋人がいるのに某ゲームの敵キャラと付き合う一歩手前の関係になる夢。
ちょっと遠くの旅館に家族旅行した時に出会い、一緒にあちこち出かけたりした。楽しかったけど、相手から恋愛的な目で見られていることに気付き、動揺した。
帰りの電車で「恋人いるからもう一緒にいるのは無理です」て言ったらものすごくショックを受けた顔をしていた。

 

補足:大量にRTされてくる二次創作(敵キャラ×主人公)をめちゃくちゃ見てたせいで夢に出てきた

夢日記2017.2.21

夢日記

二本立て

 

1

某実況者集団のAさんがVR的なゲーム(操作キャラが少年)で古い屋敷を歩いてる。私の操作キャラの少女も隣を歩いていて、ランタンを持ったメイド長のおばあさんに先導されて、夜の屋敷を歩いた。青白い人魂がいくつも浮かんでいる。

 

2

友達と中野のゲーセン行ったら、某実況者集団のFさんが音ゲーしてて、鉢合わせたら緊張でやばい!と思って、一旦その場を離れた。

しばらくしてまた来たら、Fさんはいなくなってたけど、3つあったアーケードの音ゲーが1個しかなくて「あれ!?」て探し回った。

 

補足:あらかた用事終わりかけた頃なので、脳が急に情報の処理し始めているみたいだった。

夢日記2017.1.28

夢日記

二本立て

 

1

中学の同級生たちと、国立劇場で干支の劇をやることになった。
ねずみが牛若丸みたいなやつで、うしがロン毛のイケメンだった。二人とも知らない人だった。
わたしはトラ?その辺りの順番の動物の役をやった。
劇が終わった後はロックバンドのライブになったので、客席に座ってぼんやりライブ見てた。でもみんなは大して興味がないらしく、客席はスカスカだった。

 

2

マイクラで建築してた。
マルチプレイだったらしく、他にも誰か知らない人が二人いた。

夢日記2017.1.2(初夢)

夢日記

声がめっちゃかわいい声優が、実は黒髪ロングの陰気な女性。前髪が長くて顔はすっかり隠れていて、白い服を着ていた。
金持ちが通う学園の中の、教会の礼拝室みたいな講堂にその声優がぽつんと腰かけていて、「私は人間じゃないですよ……ねことうさぎ(芸名)です」と左手に猫、右手にうさぎのパペットを持って呟いた。
金持ちの学園の不良生徒たちにドン引きされながらガン見される。

夢日記2016.12.27

夢日記

街を歩いていた。天気がいい。

右上の犬歯が抜けかけて歯茎に対して直角になる。歯の根元の鋭い感触が口の中に広がる。またしても歯がボロボロ抜ける。周りの人たちがドン引きしながらこちらを見ている。緊張と不快感に苛まれる。

 

今回は本当に現実だと勘違いしたので、起きてしばらくしたらちゃんと歯が生えていたので不思議だった。