mememechan’s daydream

おもに夢日記。7割くらいは悪夢です

夢日記2017.9.27

大学の先生に頼まれて、高校の友達と一緒にコ◼️ティアに同人誌を買いに行くことになった。
それを描いた人は、薄い色のロングヘアで、人当たりの良い笑顔で接客していた。
その同人誌を読んでいるという行動しかしていないはずなのに、何故だか視界は青い光が満ちる小部屋から、赤い錆色の扉を開けたところだった。
(あまり覚えてないが、作者がこの同人誌を描いている時の精神世界だった気がする)

九◼️城のようなレトロなんだかスチームパンクなんだかよくわからない建物の奥へと進んでいく。建物内の色は深く赤い錆色。
狭い廊下で、無数のパイプからは蒸気が噴き出していた。

普通に建物を歩いていたら、いつの間にか東◼️駅の連絡通路みたいな清潔で灰色の通路になっていて「へ?」って思った。
『これって大丈夫なんかなぁ』って引き返そうと思ったけど、先に進んだ。
やけにまっすぐな道を進むと、違う雰囲気の部屋に着いた。

天井が明るい水色で、床に近い方が濃い青色になっていて、小さいくらげの絵がたくさん投影されているドーム型の部屋があって、その先に子供用みたいなトンネルがあった。
緑色と水色のトンネルを這って進む。
入り口にセンサーがあって、入ると深い青色に光る。

トンネルを出るとスチームパンクな電車の機関室になっていた。
部屋自体は近未来的なのに、機械は茶色と鈍い金色のスチームパンクだった。
ガッコンガッコンと大きな駆動音がする。謎の管から激しく蒸気が出ている。

森みたいな緑色のリボンを付けた女の子が先に見学していたらしく、場を譲ってくれるようにスッと退室していった。が、この状況がよく分からなくて、トンネルを這って引き返す。
また青色に光る。

迷子になりそう(実際に、来た道を戻るのは景色が変わるので苦手)。でも多分道は合っている……はず。
そのうち、同人誌の内容と混ざっていく。

タイムリープして最良の展開を求める内容だった。
ホビアニ的なカードの力で戦う男主人公と、何の力も持っていない女主人公。

女主人公が赤茶けた色のスチームパンクなシャワー室でシャワーを浴びていると、急に全裸でマッチョだけど顔はコ◼️コ◼️系の男の案内人が召喚された。
「おいお前……」と話しかけようとしたが、女主人公が全裸であることに気付いて、「あっ……」ってなって、うねうねと顔の造形を変えて女主人公を安心させる顔はどれかと悩んでいた。
でも体は全然マッチョのままだった。
丸々見開きで数回変えた後、ようやく自分の中で定まったのか、適当なタッチのクマの顔にして女主人公に再び話しかけようとしたが、放心状態の女主人公はようやくそこで叫ぶことができた。
案内人は激しくビンタされていた。

案内人は、カードの力で戦う者たちの世界に、女主人公を誘う。
女主人公は男主人公を筆頭とした仲間たちと冒険するが、男主人公はある時命を落としてしまう。

女主人公は目の前が真っ暗になった。
女主人公はいつしか青い深い水の中にいた。白く輝く少年の姿をした神が現れ、「もう一度やり直したい?」と問いかけられる。

女主人公は男主人公が死ぬ未来を回避するため、何度もタイムリープする。
ようやく男主人公が死なない運命に辿り着いたが、女主人公は死んだ。
男主人公は泣き叫んで悲しんだが、激しい光と共に消える。

違う場所。ホテルの一室みたいな部屋。
オレンジの光。洗面器に溜まった水が振動によって揺れている。天井の光が水面に反射しているのが見える。
部屋の中のものはほとんどがアンティークの木材のような茶色。
少年の姿の神様と、男主人公がベッドに座って向かい合っている。
少年の姿の神様は、現実世界にいる普通の少年で、男主人公を作品世界から現実世界に連れてくることをずっと試行錯誤していた。
「よかった、この方法で君を連れ出すのは0.00……36%ぐらいしか成功率が無かったんだ」
少年は本当に穏やかに微笑んだ。

夢日記2017.9.26

体育館で某実況のライブをしていた。
観客の人数が少ない。多分学校内の人間だけが見ていた。
みんなで体育座りをして待っていて、私も同じように待っていた。

ステージ付近に並んで立っている教師たちのうちの、妖怪の保険医が目が合うとニヤッと笑った。その瞬間時間が止まって、視界が反転したモノクロになり、妖怪の保険医が至近距離にいた。私の瞼を撫でて、特殊な力で強制的に眠らせてきた。

起きたら保健室に一人で、時計を見るとライブが始まる直前とかもう始まっている時間ぐらいになっていた。すぐに抗議しに行った。
学校の正面玄関前が並木道になっていて、そこを妖怪保険医が校門に向かって歩いている後ろ姿が見える。

なんやかんやあって戻ってくる。
ステージ側の倉庫の扉から行こうかとも思ったが、演者が近くにいたら迷惑になると思って、普通に客席の後ろ側の扉から入った。
ステージではaさんがしゃがんでいて、今までに買ったドローン全てを一斉に操作して、自分の周りで旋回させていた。
「これめっちゃムズい!もう俺はここから動けねえ」というaさんの叫びにfさんがガハハハ笑っていた。

何かの理由でもう一回離席して、また戻ってくる。
客席から生徒の私物を預り、誰のものか当てるゲームをしていた。
それらの生徒は、公演中のコーナーに何らかのやり取りをした生徒で、kさんが勝手にあだ名をつけていたということは知っていた(しかし夢の中にそのシーンは出ていなかったと思う)。
k「ハイ!じゃあこれは誰のー!?そう!○○の!全部覚えてるからねー!」

【補足】
ナ◼️ジャモ◼️ジャじゃねぇか!!

夢日記2017.9.22

大正時代の銭湯を改造したアイス屋で働いていた。
◼️と◼️尋みたいな雰囲気で、店員は着物を着ている。和風なアイス屋さん。
気っ風のいい女将と、貫禄のある大女将が仕切っている。
鮮やかな青のアイスと、鮮やかな赤のアイスと、キャラメルソースを混ぜてキャラメルアイスを作る。

ある日の仕事終わりに、大女将がついにボケてしまう事件があった。
アイス屋に泥棒だかなんだかが入って、大女将が何かを見たらしいけど、みんなが質問しても、要領を得ない返答ばかりだった。
女将と一緒にアイス屋の中の職員専用の銭湯に行く。
住み込みで働いてる20人ぐらいが一斉に、かけ湯→湯船→洗い場→湯船とベルトコンベアのように進みながら入浴する。
体を洗っている時、女将がなんか人生のいい話をしてたけど、内容は覚えてない。

夢日記2017.9.20

プ◼️キュアの夢だった。
地元の小学校の前に踊り場みたいな白い正方形の舞台が設置されていて、そこに敵が現れた。ヤ◼️ザの組長が仕組んだことらしい。
マカ◼️ン→ショ◼️ラの順で戦闘しているところまでは見た。
そこの小学校にはショ◼️ラの妹が通っているという設定で、戦闘にしないと妹が人質に取られてしまうので、戦うことになったらしい。

夢日記2017.9.18

小学生ぐらいの時の弟と一緒に水族館に行った。
夢の中では自分も小学生か中学生ぐらいの年齢だった。
6、7、8階建てくらいの建物で、科学館も兼ねていて、研究ラボがいくつかあった。
水槽がたくさんある研究ラボで、水槽のなかに透明なデコボコのガラス(もしくはヒビの入ったガラスだった?)を入れて、使い古した歯ブラシで擦ると、虹色に輝く。という体験研究があった。
弟は、その虹色のガラスがたくさん必要だったので、私は何回も体験研究をやって、更には、もうやり方を知っているからと、研究員に許可も取らずに勝手に水槽にガラスと歯ブラシを突っ込んで虹色にした。
あまりにも勝手なことをやり過ぎて、苦笑いした警備員に早歩きで追いかけられる。
エスカレーターを小走りで下りながら、弟を探す。
弟はこちらのことなんて気にもしないで、どんどんエスカレーターを下っていた。
私は口パクで「逃げて」と弟に言った。

夢日記2017.9.9

喉に何か詰まっていて咳をした。
銀メッキの、大きめのオレンジの石がついた指輪をごろりと吐き出した。
「これがずっと喉に詰まっていたから苦しかったんだ」
と納得した。

夢日記2017.9.8

何度か場面は変わったが、一貫として妖怪がいる世界。戦える人間は悪い妖怪を倒している。
夢の中の自分の詳しい設定は不明だが、特殊な能力が使える自分は、仲間を何人か連れて、なにか人間の悪いヤツに追われていたみたいな設定だったと思う。

1

西洋風ファンタジーな感じ。
騎士の格好をした従者を引き連れて戦っている人がいる。
ゲーム画面みたいな描写で、
両端が崖になっている細い山道をダッシュしている主人が、走りながら背後に騎士を召喚していた。
騎士は主人を信仰している。

2

舞台が日本の田舎の山奥になる。
恋人の友達3人と一緒に、小屋の外で恋人を待っている。
その間、恋人の友達が麻雀をやるそうなので、自分も入ったけど、全くルールが分からなかったので、牌を積んで遊んだ。
恋人が友達と私を引き連れて、簡易的なお寺みたいなところに来た。
おじいちゃん住職が案内してくれる。
日の光が差し込む広い畳の部屋。
薄手の布がかけてあるこたつを囲んで全員がしんみりとした顔で、ぽつりぽつりと思い出話をし始めた。
恋人は過去に一度結婚していて、その相手はもう死んでいる。この場にいる私以外の人はその人と友達で、今日がその人の命日らしかった。
初めてその話を聞いて、「なんで言ってくれなかったのか」と聞くと、「別に昔誰と結婚していても、今は違うんだから関係ないでしょ?」と言われた。
私は不貞腐れてこたつに潜り込んだ。
恋人と何人かは部屋から出ていった。
こたつから顔を出すと、ちょっと離れたところにいた某実況のAさんが、じっと無表情でこちらを見ていた。

3

中華的な建物の中にいる。
◼️と千◼️の◼️隠しみたいな真っ赤な長い廊下を仲間と共に早足で逃げている。
すれ違った汚いホームレスのじじいに押し倒される。
睨んで抵抗するが、「目があったから好意があるのだろう」と勘違いされて襲われそうになった。
普通に嫌だった。


【一言】
最近ファンタジーな夢よく見る気がしてる